KBKエンジニアリング株式会社イメージ画像
+ゾーンロゴ
主要設備
■敷地面積 220坪(12m×60m)
■天井クレーン 3基
■2.8t 横行14m×走行52m
(フック下長さ:5.5m×2基、6.5m×1基)
■ピット 1か所
D3m×W4m×H3m
■受電設備
200V・1200A・230KVA
■定盤 4m×20m
■洗浄場 2m×4m
■TIG溶接機 2台
■プレス機 50t/40t/20t
■直立ボール盤 1台
■スクリュー研磨機 1台
Ø1000×3000
■油圧ユニット 1台
■プラズマ切断機 1台
■平面研磨機 1台
■旋盤 1台
■洗浄機 2台
■試運転用モーター 2台
■専用試運転器 3台
■スクリューコンプレッサー 1台
■三次元測定機 1台
■振動測定器 1台


  • ホーム
  • 企業理念・方針
企業理念・方針

●経営理念●
・創造性がある企業
・経済情勢の変化に適応できる企業
・職場環境の充実した企業

●経営方針●
3つの『真・進・深』を追及する
1.お客様に対して『真』のサービスとは?を問い続ける。
2.会社と社員のレベル(領域)を一歩、『進』化させる。
3.技術と技能の分野を一段と『深』く掘り下げる。


今日、プラント・エンジニアリング業界は、ひとたび事故を起こせば、失うものがあまりに大きいため、メンテナンスの確実性が問われています。その為、目下の諸問題の解決を迫られています。

◎高度技術を保有する団塊世代の多量のリタイヤに伴う技能伝承問題は取りざたされて久しい
◎メーカーの生産中止や部門縮小により、アフターサービスを期待できない運転中の回転機械が数多く据え置かれている
◎保全予算および修理期間の削減等により、十分な修理ができない
◎自社の機械装置であっても、いわゆる「貴方任せ」の状態になっている
上記の由々しき現状を機械屋として鑑み、高速回転機械のホームドクターを目指して、当社を立ち上げるに至りました。看立てに当たる診断技術、分析に当たる状態評価技術、手術に当たる施工技術、健康管理に当たる保全技術を統合して、体に手を添えて人を看るように、構成部品に手を当てて機械を修理します。

今後も高速回転機械修理のスペシャリストとしてお客様のご要望に的確にお応えするため、社員一同、保全知識の習得と組立技量の向上を目指して一層の努力を重ね、前進してまいります。

KBKエンジニアリング株式会社
代表取締役社長 田尻 卓治


代表取締役社長 田尻卓治